初めまして、studioCGAの山崎です

ゴルフをする方の殆どが、クラブをあまり拘らずに買ったままの状態で使っていると思います。

ゴルフクラブは真っ直ぐな棒状のシャフトの先に角度がついた重さのあるヘッドの平面で打つという、バットやラケットとは違い特殊な作りになっています。

その為、その長さや角度(ライ角)が自分に合っていないと打ち難く、合っていれば打ち易い道具になります。 他にも重さや太さや軟らかさ等、全てが扱い易さに影響してきます。

自分に全く合わない物を使っていると、上達の妨げになり、悩みの元になります。

例えば、アイアンは調子いいのにドライバーが思った所に飛ばない。又はその逆や同じアイアンセットでも番手によって打ち易いものと打ち難いものがある等、色んな症状が考えられます。

是非一度ご自身のクラブの特性やセットの流れをチェックをしてみて下さい。

もしかしたら、簡単な調整で打ちやすくなるかもしれません。

工房は敷居が高いとか入り辛いイメージがあるようですが、気楽に何でも相談して下さい。

少しでもお役に立てるように頑張ります!

 

 

お客様の声