作業内容・工賃

当店ではベストな状態でお使い頂く為に、加工に充分な時間を頂いております。
スチールシャフトの仕入れは、メーカー直ではなく、お世話になっている問屋さんで重量・硬度等が揃った物を選ばせて頂いてますので、安心です!

作業内容

一般的な作業工程(お店によって異なります)

  • 接着効果を高める為、シャフト先端粗し
  • シャフトにソケットを打ち込み
  • ヘッドとシャフトを接着
  • 接着が固まったらソケットの仕上げ
  • 各番手にスケールを当てて適正な長さにカット
  • 仮グリップを仮装着しながらバランスをチェック
  • バランス調整が必要な番手は、バット側からシャフトの先端に粉鉛・タングステン粉・鉛粘土等を落とし込みコルクで栓
  • 下巻両面テープを巻き、グリップを装着
  • 必要に応じてロフトライ角の調整
  • 最終的なスペックの確認

という手順が多いようです。

当店での作業工程

  • ヘッド重量、シャフト重量チェック(表に記入)
    ※同時にシャフトの直線性やヘッドの重心位置をチェックします。
  • ステップがあるシャフトはステップ位置を合わせてチップ側の調整
  • シャフトの芯を測定してしるしをつける(センターフレックス)
  • 接着効果を高める為、シャフト先端粗し
  • 物によってネック内径加工
  • ヘッドとシャフトに適正なソケットの選択
  • 各番手のシャフト挿入アングルをチェック
  • 挿入アングルが悪い番手を加工調整
  • 使用グリップと下巻テープを含めた重量の予測(ダミーグリップ使用)
  • 長さを測定し、しるしをつける
  • シャフトをカット(重量測定・表に記入)
  • 同一重量(±1g)のグリップを選ぶ
  • 各番手にダミーグリップを装着してバランスのチェック
  • 調整が必要な番手をバランス調整
    (※ホーゼル内へのウェイト調整は行いません。)
  • ライ角とロフト角のチェック・調整(後で調整すると少しバランスが変わるため)
  • ホーゼル内、シャフト先端を脱脂
  • ヘッドとシャフトを挿入アングルに気を付けながら接着
    ※ガタが多いものは樹脂・カーボン・アルミ等で挿入アングル調整を行います。
  • 挿入アングルが変わらないように乾かす
  • 接着が完了したら、ソケットを少し大きめに仕上げる(後に縮む為)
  • 下巻テープを巻きグリップを装着(好みにより向きや太さを合わせる)
  • ライ角とロフト角のチェック・微調整
  • スペックを測定(表に記入)
    ※基本的にホーゼル内でのバランス調整は行いません。
【記録表の項目】
ヘッド重量、全長、シャフト重量、グリップ重量総重量、
バランス、振動数、ロフト角、ライ角

一般工賃

作業内容 内訳 価格(税抜) 単位
シャフト抜き 通常 1,000円〜 1本
持ち込み再利用 2,000円〜 1本
特殊ソケット 2,000円〜 1本
組み付け 通常 3,000円〜 1本
精密 5,000円〜 1本
持ち込み 4,000円〜 1本
スリーブソケット 5,000円〜 1本
アイアンセット 3,000円〜 1本
異音直し シャフト内 1,000円〜 1本
ヘッド内 4,000円〜 1本
バランス調整 鉛外貼り 300円〜 1本
組み直し 4,000円〜 1本
ライ&ロフト調整 500円  1本
当店お買い上げ品 無料 
ライ&ロフト計測 200円  1本
当店お買い上げ品 無料 
ウッド 1,000円  1本
アイアン研磨 1,500円〜 1本
グリップ交換 持ち込み 600円〜 1本
当店お買い上げ 300円〜 1本
フェース角調整 4,000円〜 1本
サンドブラスト 3,000円〜 1本
黒染め加工 3,000円〜 1本
ヘッド塗装 8,000円〜 1本
オリジナルシャフト作成 2本以上から 20,000円〜 1本

他、お気軽にお問い合わせ下さい。